どうすればいいの?

遺品の整理

花

お片付けの話

人が亡くなるということについては、いろんな考え方があります。
神のもとに召されるとか、夢のない眠りが延々と続くとか……何しろ誰も死んだ経験を持つ人はいないわけで、断定的なことは何も言えないのです。
とはいえ、わからないなりに私たちにはこの必ず訪れる現象について、わきまえておかなければならないこと、知っておかなければならないことがいくつかあります。

たとえば、今、制度的には亡くなった人はすべてを残さず整理しなければならないとされています。つまり、遺体は葬儀の上で火葬に付し(これは法律で決まっていることです)、埋葬しなければいけません。
亡くなった人の財産は「遺産」として係累の人々に受け継がれてゆくことになります。その人の物はすべて、どこかにしまい込まれるか、誰かの物になるかといった行く末をたどることになるのです。
そして、その人の住んでいた家にあった日用品、家具、その他のあらゆる物は捨てるか形見にするかという始末をつけなければならないとされています。つまり、「遺品」を「整理」することが必要なのです。

業者について

現代的な仕事のひとつに、遺品整理請け負いというものがあります。本来は遺族の手で行われる遺品整理を、その代わりに手がけるというのが、この業者の仕事です。
「現代的な」と書いたのは、遺族が業者に整理の代行を依頼するときの事情が、まさに現代的といえるからです。

たとえば家族の誰からも離れた遠くに1人で住んでいた人が亡くなったとき、その人の家まで行って遺品整理を行うのが不可能だというパターンがあります。
あるいは、遺族というべき人を持たない、孤独死を迎えた人がいます。
遺族はいても、きつい遺品整理を手がけるには少々ご高齢すぎるという場合もあります。核家族化、少子高齢化の波が、ここにも影響を与えているわけです。

だからこそ、今、丁寧な質の良い遺品整理を手がける業者が求められているのです。

持ち物

サービスの内容

ここでは、遺品整理のサービスについて基本的な流れについて説明します。どのようにして依頼をするのか。どんなサービスを受けることが出来るのか。いつか利用するときのために、知っておきましょう。

MORE

わからない

住まいの整理

遺品整理とは、あらゆる物を処分し、整理すること。家をまるごと1軒、部屋をまるごとひとつ、業者に依頼するとすべて処分し、整理することが出来ます。まっさらな状態にすることが出来るのです。

MORE

読み物

特殊清掃について

遺品整理の中でも、特筆すべきものとして、その名も「特殊清掃」と呼ばれるサービスがあります。物をキレイにするという清掃の中でも、特にハードな要素をはらんでいるものを意味しています。

MORE

不用品の回収

ろうそく

遺品整理の業者に、不要品回収を依頼することが出来ます。不用品回収の業者が、遺品整理のサービスを手がけているというパターンが多いからです。彼らは整理と清掃の専門家なのです。

MORE

Copyright(c) 2015 遺品整理、それは心のこもった最期のおかたづけサービス. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com